看護部紹介

おかげさまで湘南鎌倉人工関節センターは鎌倉市で16年間つねに先端医療を・・・

看護責任者よりご挨拶

当センターは人工関節に特化した病院です。それだけに、より高い専門性が求められます。看護部もその特化した専門性を身につけるべく、日々努力をしています。患者さんが求める看護もそこにあります。当センターの看護師は一人で、病棟・外来・手術室の3部門のスキルを持つ看護師です。3部門のスキルを身につけることで、より高度で専門的な看護を提供できると考えています。
また、術後3~5日で退院するクリニカルパスを使用していますが、患者様のニーズは皆さん違います。そのニーズに対応し、看護を提供していくのが当センターの看護です。常に患者さんやご家族の声に耳を傾け、安心・安全な看護が提供できるように行動していきます。患者さんが笑顔で、歩く喜びを感じていただけるよう常に前進していきます。

看護部理念

豊かな心と感性を持ち、人間尊重に基づいた患者中心の専門性の高い看護を提供する。

看護部方針
  1. 1.患者の意思を尊重し、QOLを保つために支援する。
  2. 2.看護者全体がホスピタリティの精神を持ち患者満足度を高める。
  3. 3.病院経営が機能的・経済的に運営できるように各部門と協力し、健全化・安定化に貢献する。
  4. 4.ケアの質の向上を図るための学習や研究に取り組み、自己研鑽に努める。
看護部基本姿勢
  • サービス(ケア)の必要性を読むこと
  • サービス(ケア)する心を表すこと
  • サービス(ケア)される人の心を理解すること
  • サービスを管理すること(ケアの継続性)
  • 新しいサービス(ケア・技)を創ること