施設のご案内

リハビリテーション紹介

当院におけるリハビリテーションの特徴

チーム一貫したリハビリテーション

当院の医師、看護師、理学療法士は「股関節」におけるスペシャリストです。各スタッフが専門的視点から密に連携を持って一人一人の身体面・精神面に合わせた支援、協力を行います。

生活の質を高めるリハビリテーション

「股関節が痛くて・・・」と日常生活にあきらめはありませんか?
股関節に関する専門の理学療法士が初診から手術の有無に関わらず「完全マンツーマン」「親切・丁寧な診療」で痛みが改善出来るよう診療致します。

手術前リハビリテーション

「人工股関節置換術後は痛みなく快適な日常生活を送ることが出来る」
という明るい未来に向かって手術前から運動療法や歩行練習を紹介していきます。
手術の準備としてだけでなく手術を受けるまでの間、少しでも楽に生活できるようにコンディションを整えることを目標としています。

手術後リハビリテーション

年齢や歩行状態に合わせて一人一人無理のないペースで日常生活動作練習をすすめていきます。
入院中は毎日(1回あたり約40~60分)ゆっくりと個別に時間をかけて行います。
(術後1日目は「起居動作・四点歩行器歩行練習」、2日目は「杖歩行練習への移行」などを行います。
退院後においても、個々の希望に合わせてリハビリ外来を設けて継続的に運動療法や歩行練習を行います。

継続的なリハビリテーションと管理

人工股関節と末長く付き合っていけるよう身体機能評価を行い運動療法や体重管理を図っていきます。
人工股関節と私達と一緒に10年後、20年後においても満足出来る生活を構築していきましょう。

写真でみる湘南鎌倉人工関節センター

ベットからの乗り降り練習1

ベットからの乗り降り練習2(補助具使用ですが、全ての患者さんが使用する訳ではありません)

歩行練習(歩行器)

リハビリ室風景

リハビリ風景1

リハビリ風景2

寝返り動作練習

靴下を履く練習

歩行練習(平行棒)

歩行練習(杖)

階段昇降練習

床から物を拾う練習1

床から物を拾う練習2

オリエンテーション1

オリエンテーション2

リハビリ風景3

身体機能評価(可動域)1

身体機能評価(可動域)2

身体機能評価(筋力)

身体機能評価(足の長さ)

足の長さを補正する靴(全ての患者さんが使用する訳ではありません)

足の長さを補正するスリッパ(全ての患者さんが使用する訳ではありません)

靴下着脱練習(補助具を使用していますが全ての患者さんが使用する訳ではありません)